社会科学図書出版の多賀出版株式会社

 

書籍のご案内

「職員室文化」研究序説
―特色ある開かれた学校づくりと教職員の力量形成を考える  
林 孝 編著
A5判・上製・横組・232頁
(本体5,000円+税)
ISBN 978-4-8115-8031-9 C1037
ご注文
内容概略
 本書は「職員室文化」について、特色ある開かれた学校づくりと教職員の力量形成についての成果を整理したものである。
 それぞれの学校には、教職員が長年にわたり大切にしてきた独自な特色ある「もの」「こと」を指摘できる。その「もの」「こと」は、その学校で勤務することを通して、教職員の間において伝播してきた。なぜなら教職員は、例えば、教室等での活動が一段落して「職員室」に戻って、これらの教育技術や教育に関する「ものの見方・考え方」をめぐって語り合い切磋琢磨してきたからである。本書では、そのような「もの」「こと」を「職員室文化」という用語で捉え、新たな概念として「長年それぞれの学校で価値あるものとして大切にされてきた教育技術や思考・行動様式の総体」と定義している。
 そして、従来から研究されてきている学校文化や教師文化や組織文化の議論を踏まえ、この「職員室文化」をめぐって「特色ある開かれた学校づくり」として実働するための学校経営のあり方に対する可能性を示そうと試みている。その結果、 嵜Π室文化」の理論的枠組みとその特徴、∋例研究及び調査研究の成果、3惺刺床船轡好謄爐亮惰に果たす期待、ざ疑Πの力量形成に資する「職員室文化」の特徴とその様相、ァ嵜Π室文化」のもつ学校づくり推進に対する機能、及びΑ嵜Π室文化」継承による効果的な学校づくりの推進方略について明らかにしている。

このページのトップ▲

目次

まえがき
序章 問題の所在と研究の目的
 1. 問題の所在と研究の目的
 2. 本書の概要
第犠蓮 嵜Π室文化」の理論的枠組みと学校における「職員室文化」のもつ意味
  ─「職員室文化」の事例研究を踏まえて─
 問題と目的 
 1.「職員室文化」の理論的枠組み 
 2. 学校という「場」と「主人公としての子ども」の検討 
 3. 東雲小学校の「職員室文化」 
 4. 学校における「職員室文化」のもつ意味とその可能性
 小括:本章のまとめ
第蕎蓮 崙耽Г△覲かれた学校づくり」に資する「職員室文化」の核となる取組
  ─「職員室文化」に関する調査研究から─
 問題と目的 
 1. 結果と考察
 2. 学校評価システムの実働に果たす「職員室文化」への期待
 小括:本章のまとめ
第珪蓮ゞ疑Πの力量形成に資する「職員室文化」の特徴とその様相
  ─勤務校での取組とその効果及びインタビュー調査の分析考察を通じて─
 問題と目的
 1. 勤務校での取組とその効果の分析結果からみた教職員の力量形成に資する「職員室文化」の特徴
 2. インタビュー調査の分析からみた教職員の力量形成に資する「職員室文化」の様相 81
 小括:本章のまとめ
第絃蓮 嵜Π室文化」のもつ学校づくり推進に対する機能
  ─現職教員を対象としたグループ・インタビュー調査の分析を通じて─
 問題と目的 
 1. 研究の方法 
 2. 結果と考察
 小括:本章のまとめ 
第江蓮 嵜Π室文化」の継承による学校づくりの効果的な推進方略
  ─学校づくり推進のための力量形成に注目して─
 問題と目的 137
 1.「職員室文化」の継承による学校づくり推進のための力量 
 2.「職員室文化」の継承による学校づくりの課題と展望
 小括:本章のまとめ 
終章 得られた知見と本研究の課題
 1. 得られた知見 
 2. 本研究の課題と展望─学校内外において連携・協働する「職員室文化」開発のための学校経営方略の提案を志向して─

参考文献一覧 
初出論文
各章の執筆者 
あとがき
巻末資料
索引 

このページのトップ▲

著者

林 孝 編著

林 孝(はやし たかし)
広島大学名誉教授

このページのトップ▲