社会科学図書出版の多賀出版株式会社

 

書籍のご案内

比較連邦制史研究
  
佐藤勝則編著
A5判・上製・352頁
(本体6,000円+税)
ISBN 978-4-8115-7541-4 C1022
ご注文
内容概略
 1993年の憲法改正によって三つの言語地域共同体の形成と再度の連邦政府の創出によって国民国家を規定し1831年憲法を脱却したベルギーは連邦制国家へと移行した。この国は日本の四国ほどの領土面積しかない。しかしそこにはヨーロッパの連邦制に固有の歴史的性格が表れている。アングロ・サクソンの大英帝国植民地連邦制やソ連社会主義連邦制、或いは自力自助のアメリカ合衆国連邦制とも異なる21世紀の地域統合の方向性が分権的統合を特徴とするヨーロッパ連合(EU)のうちにも体現されている。
 本書は、イギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、ベルギーの歴史研究者が中心となり、この問題について国制史、地域社会史そして地方行財政史の視座から考察を試みたものである。

このページのトップ▲

目次

序 
第一章 連邦制的地域統合の比較社会構造史
  −ヨーロッパ連邦制の諸類型と諸段階−
 機ゥ廛蹈蹇璽
 供ゥ茵璽蹈奪僂砲ける地域統合
 掘ハ∨制の現代的位相
 検ハ∨制ヨーロッパの歴史的位相
 后ゥ┘團蹇璽亜歟楼莠腟舛範∨制−
第二章 ハプスブルク朝神聖ローマ帝国統治体制の諸相
 機ジΦ羯棒依と問題の所在
 供ヅ族同盟の役割と限界−カトリック連盟の場合−
 掘ヅ庫勝歡觜馘統合のバイアスを抱えるドイツの「フェデラリズム」−
第三章 ハルデンベルク改革政治とマルヴィッツ
  −プロイセン改革期における身分制的国制再生論−
 機イ呂犬瓩
 供ゥ淵櫂譽ン支配の体験と賠償金支払い問題
 掘ゥ魯襯妊鵐戰襯政権初期の改革政策
 検ゥールマルク貴族とマルヴィッツの身分制的国制再生論
 后イわりに
第四章 チェコの地方制度と連邦制
 機イ呂犬瓩
 供ゥ船Д灰好蹈凜.ア成立前の連邦制論
 掘ゥ船Д灰好蹈凜.アと連邦制
 検ゥ船Д灰好蹈凜.ア解体後
 后イわりに
第五章 アイルランド自治問題と連邦構想
  −連合王国と帝国の二方向の連邦化−
 機イ呂犬瓩
 供ノ捷颪虜眄関係に関する二つの委員会報告と1914年法
 掘ゥ▲ぅ襯薀鵐票治と連邦構想
 検イわりに
第六章 19世紀末のウェールズ問題
 機ヌ簑蠶鶺
 供ソ淑の一税論争
 掘ゥΕА璽襯催效鰐簑蠶敢債写唇儖会
 検ゥΕА璽襯困亮治問題
 后ゾ括と展望
第七章 再建期アメリカ合衆国における市民の権利保護論争
  −連邦執行法の検討を中心に−
 機イ呂犬瓩
 供ゼ更塰,瞭睛討反靴燭併毀韻慮⇒保護体制の特質
 掘ゼ更塰,寮定過程
 検ハ∨司法の執行法解釈
 后イわりに
第八章 1870年代ミズーリ州における「納税者の反乱」
  −アメリカ的地域財行政の特質に関する一考察−
 機イ呂犬瓩
 供ゥ潺此璽蟒における鉄道建設
 掘ゥ潺此璽蟒における「納税者の反乱」
検1875年ミズーリ州憲法
 后イわりに
第九章 現代フランス農村にみる補完性原理
  −オートマルヌ県バル・デ・ティル村の事例分析−
 機イ呂犬瓩
 供デ逝璽灰潺紂璽鵑亮尊
 掘デ逝室匆颪諒冕討斑亙分権
 検タ靴燭文共圏の構築
 后ノ躡戰灰潺紂璽鵑梁故と補完性
第十章 ベルギー連邦制と欧州統合
  −地方自治と補完性の視点から−
 機イ呂犬瓩
 供ジ生貶顕渋侘と地域問題
 掘ッ碓貔国家から連邦制国家へ
 検ゲそE合と補完性原理
 后イわりに
 資料 ヨーロッパ地方自治憲章
あとがき
索引 

このページのトップ▲

著者

佐藤勝則編著

佐藤勝則(さとう まさのり)
東北大学大学院文学研究科教授

このページのトップ▲