社会科学図書出版の多賀出版株式会社

 

書籍のご案内

教員文化の日本的特性
―歴史,実践,実態の探究を通じてその変化と今日的課題をさぐる  
久冨善之 編著
A5判・上製・562頁
(本体7,200円+税)
ISBN 4-8115-6431-6 C1037
ご注文
内容概略
 教師たちの「教える」という仕事の実際とそこに生まれる教員社会とは、「見果てぬ暗黒大陸」の比喩もあるように、複雑で見えづらい性質を持っている。本書はその世界の実態や機微に迫るため「教員文化」と「(その)日本的特性」というコンセプトを設定している。教員文化は、教師たちの仕事とアイデンティティが直面する共通の困難・課題を何とか乗り切るべく、長年の間に形成・継承・再編してきた独特の行動様式(職業文化)である。
 その日本的特性としては「生真面目さ」「献身的教師像」等が指摘されて来たが、吃瑤龍技侫▲鵐院璽畔析は80・90年代と比較して今の教師たちに「私事化意識拡大」「バーンアウト減少」等の新たな変動が見られることを指摘し、教職倫理を含む教員文化の新動向を解明している。局瑤論鏝紊梁緝重実践家3人のライフヒストリーを追跡し、教育実践の志向・力量の形成・発展・再編がいかに教員文化的要素・様相と絡み合い、時代とともに展開するかを探究した。また「教え子」という言葉に象徴される教師=生徒関係のとり方、学級のつくり方があるが、敬瑤任20世紀初頭(学校制度確立期)の一教師の日記分析から「教え子主義」の原型形成の姿を追究している。
 「教育困難と改革」の現代に教員社会・文化の変動の意味を浮かび上がらせる一冊である。

このページのトップ▲

目次

  序 「教員文化の日本的特性」とその研究をめぐる課題論
1.「教員文化の日本的特性」の今日的課題論/2.教員の実践と教員文化の概念
[特別論文] 資・史料としての私家文書
 吃堯ゞ軌虔顕修慮什漾宗修修亮詑崢敢困ら――
1.教員文化実態調査の課題と方法,および吃瑤粒詰廖殖押ザ技佞粒惺伺聴状況と教職アイデンティティ
3.教師のバーンアウト状況の変化にみる教員文化/4.教師たちがつくり出す学校職場――学校別集積データの分析を通じて/5.教員文化を掴むために――教員本調査データの分析から/6.学校におけるカウンセラー導入の実態――教員文化との関係をめぐって/7.吃瑤里泙箸瓠いよび今後の教員文化研究の課題について
 局堯\鏝綟本の教育実践と教員文化――3人の教育実践家のライフヒストリー分析を通して
1.研究の目的・方法・対象/2.鈴木正氣のライフヒストリー/3.山本典人のライフヒストリー/4.若狭蔵之助のライフヒストリー/5.教師たちの軌跡
 敬堯ゞ軌文化の形成――鈴木利貞日記を読む
1.教員文化の形成と教育愛/2.鈴木利貞の家族環境/3.教員イメージの原型――利貞の就学体験/4.修養観の展開――利貞の自己形成と幼年会実践/5.鈴木利貞と小学校教員社会/6.子ども観の展開とその位相/7.教育関係の形成と教育実践の展開/8.20世紀初頭の教員文化形成の一断面――利貞の事例に即して
 結び――「教員文化と教育実践」の社会学を考える

このページのトップ▲

著者

久冨善之 編著

久冨善之(くどみ よしゆき)
一橋大学社会学部教授

このページのトップ▲