社会科学図書出版の多賀出版株式会社

 

書籍のご案内

スラッファ理論と技術摂動
  
有賀裕二 著
A5判・上製・392頁
(本体6,300円+税)
ISBN 4-8115-5001-3
ご注文
内容概略
 著者はスラッファ研究の対象は理論研究に絞り、シェフォールトにより巧みに整備された結合生産理論に準拠して仕事をしてきた。また同時に、線形生産技術を使用するという広義の意味で「線形生産モデル」に多くの関心を払ってきた。
 本書は、第吃瑤如▲錺襯箸肇譟璽泪という二大線形生産モデルの比較検討をはじめとして20世紀の主流派理論と代替的理論の比較を行った。また第局瑤砲いて、スラッファ商品生産モデルの理論的諸環境を論じた。そして、第敬瑤砲いて内容的にオープンなスラッファ・モデルがどのような環境に適応できるかを展望した。規則性の条件、技術の摂動、工程の截頭などの工夫により、解析可能な範囲を拡大する。
 書名の一部である「技術摂動」は、本書第8章の線形摂動を利用した議論から採用した。固定生産技術係数に微小変動を与えるという意味で、技術の摂動により、規則的条件を満たすスラッファ・モデルは構造的に安定である。

このページのトップ▲

目次

第吃堯ー舂派理論の検討と代替的理論の可能性
  第1章 ワルトとレーマクの価格理論
  第2章 再生産と新古典派的生産
  第3章 階級搾取対応原理とゲーム理論
  第4章 マクロ経済とカオス
第局堯.好薀奪侫〕論の基礎
  第5章 代替的生産理論と生産要素
  第6章 スラッファと商品生産
  第7章 スラッファの自然利子率とケインズ
第敬堯.好薀奪侫〕論の展開
  第8章 スラッファ型価格理論と投入係数の摂動
  第9章 スラッファ結合生産モデルと技術の選択
  第10章 スラッファ体系と技術の再切換え

このページのトップ▲

著者

有賀裕二 著

中央大学商学部教授

このページのトップ▲